アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > is・Living日常の出来事  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県の解体現場事故に想う

2010 - 10/19 [Tue] - 00:00

先日14日、岐阜県の解体工事現場で起きた倒壊事故には大きなショックを受けました。
通行人を巻き込んで死亡事故になってしまったことは最悪の事態です。

建築業に携わる者でなくても、誰が見ても安全管理を怠った為に起きた当然の人災だとわかります。
それくらい解かり易い原因の事故が何故起きるのか?ということにただただ唖然としてしまいました。

解体事故

理論的な原因究明をするまでもなく、この業者はもちろん、わざと壁を倒れるようにしたはずはなく、日常的に安全管理に対する感覚が麻痺していたのかと思えるほどの安全に関する手ヌキは当然、このままで済まされてはなりません。

そもそもが、この現場は工事中、既に通行人からは怖くて危険性を感じられていたということは誰が見ても一目瞭然だったわけですが、私個人は、なぜそんな事態が平然と起きてしまうかということ自体を恐ろしいと思いました。

このような事故が起きると、とかく法規の問題や監理責任のことが取り正されます。
現にこの現場では、この工事の規模に立ちあいが義務付けられている有資格者が不在だったことが大きな問題として挙げられています。
もちろん、法で定められた規則を厳守することは大前提なのですが、では、この場合はその資格者が当時現場を離れなかったら事故は起きなかったか?というと、そういうこととはまた根本的に違う問題もあることが誰にも解かります。

この事故によって解体工事に課せられた法規制そのものがかなり甘い内容が浮き彫りになって報道されていますが、この事故を機に、必要な法改正が行われることでしょう?
しかし、それとは別に、現場の安全管理は現場当事者一人一人の自覚が最も大切であり、基本中の基本です。

私はゼネコンで勤務していた当時、やはりこの安全管理に対する教育は「そこまでやるか?」と思うほど徹底されていました。
営業職だった私からすると、さもすれば大袈裟とも思える徹底ぶりでしたが、経験を積むうちに、この安全管理が何よりも大切だということを学ばせていただきました。


さて、この事故を聞いて今度は自分のことを顧みます。
解体工事を含めてis・Livingが承る工事は今回の岐阜県の現場のような大きな規模はまずありません。
特に住宅リフォームでの解体工事では内部造作を壊す程度なので「倒壊」ということは起き得ません。
しかし、安全管理に対する認識は工事の規模の大小は関係ありません。

むしろ小規模だからこそ、ついつい甘くなりがちな要因はけっこうあるものです。
その最も解かり易い例を挙げると、それは床に落ちた釘や壊した造作物の切り口の突起などの配慮でしょうか?

例えば、造作工事を行うときは大工さんは常に釘やビスを使用しますが、一連の作業中にはけっこうこれを床に落とすことは、ある意味当たり前に起きます。
これを監督する立場で「絶対に釘やビスを落とすな!」なんていう指示をしたら作業効率が落ちて工事が全く捗りません。

重要なのは作業個所の安全養生をすることはもちろん、作業中、休憩等で現場を一時離れる時や一日の作業が終了して帰る時に現場がキレイに掃除と整頓がされていることです。
当たり前の事なのですが、それでも日常的に意識をしていないと、ちょっと一服するだけで現場の掃除までするか?とか、例えば夕方6時までと決められた作業の際、時間を意識して清掃の時間を考えて早めに作業を終了させるか?というのは現場作業をする人に強要するよりも監督者が的確に指示することが大切です。
「ついつい・・」では、事が起きてからでは遅いのです。

is・Livingでは複数現場の掛け持ちは極力無いようにしています。
お客様にはその為に工事着手をお待たせしてしまう場合もありますが、それは全て現場の監理を私自身が立ち会うようにしているからなのです
そこでは前記したような、ちょっとした作業休止時でも現場を清掃したり、刃物が無造作に置かれていないかなどを細かく診ます。
それはさもすれば職人さんたちからすると当てつけがましかったり、目障りな存在でもありますが、そこが重要なのです。
is・Livingの職人さんたちは、何も言わなくても皆きちんと整理整頓してくれる人ばかりですが、常に安全に対する意識を持ってもらうためには敢えて自分から動くようにしていますが、そうすることでお客様にも安心していただけます。
お客様が工事中安心できて、職人さんたちも作業し易い環境づくりは、今お住まいの状態で工事するという性質の「住宅リフォーム工事」にはとても重要なのです

今回の事故で、全ての建築業者は安全管理についてそれぞれ襟を正していると思います。
is・Livingでも身近なことから意識を高めていくように一層心がけてまいります。

スポンサーサイト

我が家も点灯

2010 - 11/27 [Sat] - 00:00

先日、is・Livingが所在する東京都多摩市の多摩センター駅前のクリスマス・イルミネーションが点灯したという記事を書きました。

あの時はちょうど点灯式に出くわしたので、とっさに使い慣れない携帯電話のカメラで撮影した為、ピンボケの情けない画像を載せてしまいました。
私は普段、常にデジカメを持ち歩いているのですが、実はあの前日にうっかり服のポケットにカメラをったまま洗濯機に入れてしまったのです。

もちろんカメラはご臨終・・・ 

仕方なく、とはいえ、新しいカメラを買って嬉しさのあまり、私も先日、街行く多くの人たちに交じってリベンジとばかり駅前のイルミネーションを撮ってきました。

P1000066.jpg

P1000068.jpg

P1000070.jpg

最近のカメラは高性能ですね!夜、片手でシャッターを押してもあまりブレません。

今の時期、駅前は連日このイルミネションを見物する人たちで賑わっていますが、is・Living本社ショールームである我が家でも、毎年この駅前のイルミネーションの点灯に合せてクリスマスツリーを出します。

別にクリスチャンでもないし、イイ歳して子供じみたことをしていますが、季節を感じるのにもはやクリスマスツリーは12月の代表格でしょう?
どうせなら家の中もセンスよくツリーを飾りたいものです。

しかし、さすがに家の中なのであまりギンギラでは落ち着きません。
我が家では私の背丈よりもやや高い、比較的大きな人造ツリーをリビングのど真ん中にいつも飾ります。

これ、2分割のものを組み立てるのですが、箱に納まった状態でもけっこうガザがあるために部屋の中へ収納するとなるとかなりの面積を占拠されてしまいます。
1年間の内、たったの1カ月少々の為に、平素部屋の収納を占領されてはたまらないので毎回オフシーズンは箱にしまってからビニールをかけて寝室のベランダの隅に立てかけてあります。

毎年11月下旬になると1年間分のホコリを被ったこの箱を開けて中からツリーを取り出してリビングに設置するところまでは私の仕事です。

まずはツリーを支えるスタンドを設置
P1000072.jpg
っと、その前に床掃除を済ませてワックスがけまでやってしまいます
つまり我が家では既に大掃除に着手しているわけですね

次に枝をたたんである2分割下段のツリーをスタンドに挿します
P1000073.jpg
この時点で高さは120センチあります。

スタンドの足元が見えていると臨場感がなく、貧相にも見えるのでここは大きな鉢にでも入れたいところですが、何せスタンドの足の直径だけでも60センチを超えるので、底が平らなそんな大きな鉢などなかなかあるはずもなく、あったとしてもきっとかなり高価で重いでしょうし、何よりもオフシーズンの置き場に困ります。
そこで、ガーデニンング用の丸太を半分にしたこんなものを使っています。

P1000074.jpg
スタンドをぐるりと一周させて鉢の様にするのですが、これを2つ連結します。

そして囲んだ状態がコレ

P1000075.jpg

このままで枝を広げれば円の中は隠れるのですが、電気のコードやトランスなどをキレイに隠したいので中にバーク(木片チップ)をばら撒きます。

P1000076.jpg
全然足りなかったりして・・・

約1年間、たたまれた状態の枝を広げていきます。
けっこうクセがついてしまっているので、なるべくリアルになるよう、一本一本丁寧に広げます。

P1000077.jpg


下段の枝を広げたら上段のツリーを刺し、電灯のコードを繋ぎます。

P1000078.jpg


下段の枝と自然に絡む様に枝を広げて全体の形を整えてひとまず完成!

P1000079.jpg


あとは装飾、コレは妻に任せます。
年々アレンジが変わっていきますが、昔はキラキラのモールを巻いたり人形をぶらさげたりしてかなり賑やかでしたが、歳を重ねるごとにだんだんと色がシンプルになってきました。

P1000261.jpg

P1000263.jpg

P1000265.jpg

装飾されたツリーが部屋の中に置いてあるとけっこうな存在感があります。
この人造ツリーはイルミネーションを巻きつけるのではなく、流行りの「ファイバーツリー」というもので、枝の中から白いヒゲのような無数の光ファイバーの束が出ていて、その先端が光るタイプのものです。

P1000274.jpg

従って、昼間や夜間でも部屋の照明普通に点けているとほとんどその光を感じることはできません。
それでもこの小さな無数の「光の点」が点いているのと点いていないのとでははやり違いはあって「大人のツリー」という演出にはなっていると思います。
電飾は5つのパターンで点滅する早さを変えたり、常に点灯してりすることができますが、毎回そんなものの変化を試すはずもなく、常に同じパターンで点滅させています。

P1000270.jpg

それでもこれから12月25日までの間は夜に帰宅した時に暗い部屋の真ん中でこのツリーが美しい光で出迎えてくれるのはこの歳になっても何だか心温まります。
そして家族二人だけで楽しむのは勿体無い気もするので、何となく人を招きたくもなったりします。

皆さんのお宅ではもうツリーを飾られていますか?
また、今までツリーを飾る習慣が無いご家庭では今年はちょっと飾ってみませんか?

慌ただしく寒い12月の家の中をちょっと温かく演出する効果として少しでも参考になればと思い、記事にしてみました。




おかげさまで1周年

2010 - 12/15 [Wed] - 00:00

P8230034.jpg
さすがに師走となると忙しくなり、このブログもなかなか更新できずにいました。

気が付くとお陰さまでis・Livingを設立して丸1年が経ちました。

月日が経つのは本当に早いです。
思えば昨年の今頃、ほとんど衝動的に近い感じで独立を決心しました。

従って経営方針、事業計画など先のビジョンについては具体的な準備などをすることもなく、とにかく自分がやっていこうという形のリフォーム提案でどこまでやっていけるのか?場当たり的にいけるところまでやるしかない・・・
そんな感じでのスタートでした。

だからとりあえず会社登記だけをして、それから事務所の開設、人員の決定などを行って年内を終え、2010年になってからようやく営業を開始したのです。
しかし、これも綿密な計画があったわけではなく、1月6日が自分の誕生日なのでちょうどいいだろう?なんていう安易なスタートでした。
そんなわけですが、一応、会社設立ということでは登記をしたということで今月が創立一周年となります。

ちょうど1年前の今頃、過去にお世話になったお客様より、まるで私のスタートに合わせていただいたかのように新しいお客様をご紹介いただいたお陰でとりあえず何も無いところからのスタートではなく、最初から自分が最も得意とする内容の仕事を地元で計画から工事までさせていただきました。

これをはじめ、この1年間の実績は、これまでお世話になった多くのお客様のご厚情のお陰でなんとかやってこられたことに他なりません。
人が好きで、人との縁を大切に仕事をしていきたかった自分としてはこれ以上嬉しいことはありません。

こうして呆れるほど無計画にスタートしたにも関わらず、この1年間は大小合わせると現在まで21件のお仕事をさせていただきました。
その中には、一般的に簡単に出来そうで、なかなか珍しい内容の作業を数多く承らせていただいたのが印象的です。
つまりお客様が「どこに頼んだらいいのかわからない」というようなお困りの工事相談を「とにかくis・Livingに問い合わせてみれば何とかなるだろう?」と思ってご相談やご紹介をいただけることは経営としての損得抜きに嬉しく、また、ありがたいことだと思います。
競合する同業者が多い建築業界で後発で開業するということは他社ではなかなか受けないような内容=手間がかかる・効率が悪い・面倒くさい、という理由であまり儲からないようなことをお受けすることを基本に、私がいつも心がけている「お客様の身になって工夫とアイデアで実現するローコスト」の提案に力を注ぐとこをis・Livingの特長として継続していきたいと思います。

正直言って経営の効率で診ると大きな規模の工事は魅力はありますが、「仕事の質」という視点では一般のご家庭の細々とした仕事を親身になってやっていくことが今の身の丈に合っていて、心の通った仕事ができるのではないかと思います。

2011年もこのスタイルを基本に皆様のお役に立たせていただき、信頼をいただける仕事をしてくように頑張ります。

なんだか年末最後のご挨拶みたいな文になってしまいましたが、年内中の仕事がまだまだ残っています。
きちんと納めて新しい年を快適に過ごしていただけるように後半も頑張ります。


is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701
TEL:042-319-6480 FAX:042-3119-6481

ラストスパート

2010 - 12/27 [Mon] - 00:00

クリスマスが終わり、街の雰囲気も一気に慌ただしくなってきました。

毎年のことながら、このクリスマスを境に色んなことで慌てまくられています。
とりあえず、今日私は家のツリーをかたずけました。
今年のクリスマス、皆さんはいかが過ごされましたか?

世間評だとまだまだ景気回復とはいえないながらも一般庶民は今年のクリスマスには蓄積された色んな我慢を晴らすかのように贅沢に過ごしたり高価なプレゼントが売れたりしているそうですが、我が家はそこまでの元気はありませんでした。
それでも何もないのも寂しいし、こんな時は都会の明かりでも観にいこうということで、久しぶりに妻と二人で原宿は表参道のイルミネーションを散策してきました。
P1000443.jpg

多摩のイルミネーションは街の雰囲気に合っていてほのぼのとしますが、やはり都会はそれなりにお洒落で人も多く、そこにいるだけで華やかな気分になります。
高級ブランドのショップもこの日はいつもにもまして賑わったことでしょう?
P1000439.jpg

数年前まではクリスマスイヴというと夜食事をするにも予約だけでも大変でしたが今年は予想が嬉しい事にハズレ、当日の電話1本でよく行くレストランの席があっけなくとれました。
私はそれほど高級な店はあまり行く機会もなく、今回もカジュアルフレンチのコース料理をいただきましたが、相変わらず手頃で美味しく、今回はクリスマスらしいアレンジもあってなかなか良い雰囲気を提供してくれました。
P1000434.jpg

翌日25日は我が家で親しい友人たちを招いて「鍋会」でした。
急な思い付きで、さすがにクリスマスなので家族で過ごす人が多い中、来てくれた仲間とはいつもながら和気藹々と楽しく過ごしました。

そう、以前「日本におけるハロウィンとは?」といった記事を書いたことがありましたが、それはまだまだハロウィンは日本の季節行事としては確固たるものには程遠いといった感想を書いたわけですが、クリスマスというのは今更私が言うまでも無く、12月の確固たる季節行事ですよね。

「鍋会」をしながらこんな話をしました。
「今日来られなかった人たちはほとんどが家族でクリスマスを過ごすんだって・・・」
なるほど・・・当たり前のことではありますが、多くのクリスチャンでも無い人たちがクリスマスがどんな意味かは知っていながらイエス・キリストの誕生を心から祝っている人など私の周りには観た事も聞いたこともないにせよ、日頃何かと仕事を理由に家庭をあまり顧みないお父さんの輩たちも、クリスマスは家族で過ごそうと家に戻ったり、家族で食事に出かけたりしている姿を観たり聞いたりすると、日本のクリスマスは「お父さんが健全になる日」として良い行事だといえるのではないでしょうか?
そういう私もやはり毎年季節行事として妻と二人でそれなりに過ごしていたのでした。
えっ?そうですね・・・どうでもいいことでした。

そしてこれから公私ともに歳末の準備でてんやわんやします。
is・Livingでは年内の工事はもうありませんが、年明けから予定している工事のプランニングや管理させていただいているマンションの年末年始の仕事で慌ただしくしています。

特に予定している一戸建てのリフォームが建物構造から弄る規模の大きなもので、ご要望事項も多いので、そのプランニングにとりかかるとデスクの上は図面に覆われ、消しゴムのカスだらけになります。
P1000348.jpg

あまり根詰めるとアタマがパニックになったりもするのですが、実はこういう仕事をしている時がまるで自分ではないと思える程、集中力が出ていて、時間を忘れて没頭します。それはつまり何だかんだいってもこのプランニングをやっている時間が実は最も幸せで楽しかったりもするわけです。
感覚的に発想したプランを次々と机上に挙げる私と、それに理論的に制約する技術のスタッフとは仲よくケンカを繰り返しながら同じ目的を具現化していきます。

is・Living営業・企画室の大掃除(といっても狭いからそれほど掃除する面積は無いのですが)は今年はいつになったら手掛けられるのでしょう?
何だかこのまま机の上が図面だらけのまま年越ししてしまいそうです。

本日で仕事納めです

2010 - 12/30 [Thu] - 19:00

本日、12月30日で
is・Livingの年内の業務は終了させていただきます。


明日12月31日(金)~翌年1月3日(月)までの4日間、年末年始休みをいただきます。

この1年間、ありがとうございました。

皆さま、よいお年をお迎えください。
P8300107.jpg
is・Living アイエス・リビング株式会社 代表:佐々木隆一

 | HOME |  »

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。