アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> is・Living日常の出来事 > 猛暑再襲  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑再襲

2011 - 08/11 [Thu] - 00:00

私がここに書くまでもなく、とにかく毎日暑いですよね

6月から強烈に暑い猛暑日が始まり7月中はそれに対して構えていたものの、やや拍子抜けするほど真夏日が無く、日中の電力消費のピ-クもまるで余裕があるような報道までされ、節電ムードもクールダウン気味になっていましたが、今週からは打って変わったように「真夏日」そして「猛暑日」が再び日本列島全体に襲いかかってきました。

7月の安心ムードによって気が抜けたこともあってでしょうか、昨日今日も熱中症で病院に運ばれる人の数が異常に多くなってしまいました。

私事ですが、今週は前半に管理しているマンションの除草作業を予定していました。
暑くなるのはわかっていたので午後、芝生が建物の日陰になる時間帯を計って作業したのですが、それでも辛いものがありました。
P1020227.jpg
日陰になったら一気に芝刈りしますが・・・もう汗ダクです

他に外に出る仕事はほとんどが都内までクルマでの移動だったのですが、日常使用しているクルマは排気量が小さいのでエアコンを点けるとパワーが落ち、外気が暑すぎると信号などで止まるとエンジンも一緒にストール(停止)してしまったりするのです。
別に故障ではないのですが、そんな頼りないエアコンのクルマなので雨の日以外はこの猛暑の中でも最初からエアコンを点けないで運転するという実にマヌケな習慣が身についています。

P1020524.jpg
このクルマ、そもそもオープンカーなので、窓を全開にして幌をかけた状態を自分では「日傘をさしている気分だ」と強がりともヤセ我慢言える言い訳で何とか乗り切りますが、常に1リットルの水筒に氷と共に入れたキンキンに冷えた麦茶を携帯して、それはあっという間に空っぽになってしまいます。
この習慣、地元では何の違和感もないのですが、都内に出るとどのクルマも窓を閉めて車内では涼しげな顔が見える中、かなり浮いている自分に気付かされます。

余談ですが、もう1台所有している「趣味用」のクルマはエンジンも大きく、エアコンもバッチリ効くのですが、滅多に乗ってやれないせいか?先日のあまりの猛暑でエアコンの効く方で出かけようと久々にエンジンをかけた途端、辺りがガソリン臭く、外に出てみるとエンジンルームの下からカソリンがダダ漏れ・・・
ボンネットを開けたら燃料パイプから噴水のようにガソリンが吹き出しているではないですか!
何かに引火したらと思うとゾッとすることですが、実は私の所有するクルマはどれもそんなことが起きても珍しくない・・・つまり見る人が見ればとてもまともなクルマとは思えないのでしょうが、これこそ「趣味車の醍醐味だ」と言い聞かせていて、現にこの趣味車に纏わる仲間たちはそんなことは日常茶飯事で愛車の故障自慢ばかりしています。
P1020527.jpg
おバカなカーライフですね

今週は世間はお盆休みの時期なので、お客様とも協力業者さんともアポの約束が無い日は一日中一人で事務所で雑務をします。
一応、世の中の節電ムードに合わせ、消費電力がピークを迎える昼過ぎになると銀行などの所用でわざわざ最も暑い時間帯に外出します。
まぁ、正直言うと自分は座ってパソコンの画面とにらめっこするような仕事が向いていないようで気力が半日ともたないので気分転換を兼ねるわけですが、外に出た瞬間、ムラッとくる熱気で脚がグラつきます。
人と合う予定が無い一人きりで仕事をする時は私も世間の流行?に習ってスーパークールビズと称して思い切りラフな格好をさせていただいていますが、こうも暑いと足元はゴムぞうり(敢えてビーサンそは言わない)に頭は麦わら帽子、首にはタオル、さすがに開襟シャツはもっていませんが、シャツのボタンは2~3個開け、ズボンの裾をめくり、扇子を片手にという典型的な「昭和のおっさん」ルックのまま平気で電車に乗って隣駅まで行きました。
P1020528.jpg

我ながらずいぶんとふざけた格好ながら周りの人たちは皆この暑さでボンヤリしているのでそんなものは気にならないでしょう?
誰ひとり元気そうな人はいません。
もうすぐ電車が来そうでもベンチが空いていたので座り込むと、私と同時に同じように座り込む人がいました。
それにしても、こうも暑いと思考回路がおかしくなってきているようで、そのベンチに座った瞬間、隣の人と目が合い、お互い全くの見ず知らずなのにもかかわらず、「いやぁ~暑いですねぇ~」「いやぁまったく・・」なんて言葉が出たのには思わず苦笑してしまいます。
でも本当に今週の真昼間は「暑い」と言う言葉しか出ません。
更には何やら仕事のことをあれこれ考えながら歩いていると頭の中で思っていることがどうやら無意識に言葉に出てしまっているようで、つまり独り言を言いながらダラダラ歩く姿はハッとそれに気づくまではもしかして気味の悪い人になっていたかもしれません。

日中の暑さも続いていますが、夏らしく夕立ちも連日続いていますね。
しかし、今年は「夕立」というよりも「スコール」と言った方が合っているのではと思うほど局地的に強烈な雨が襲ってきます。
実は先日、一仕事終えて事務所までの帰り道、炎天下の首都高速をクルマで運転中、汐留の短いトンネル抜けた瞬間!
大袈裟ですが地獄のような光景が目に入り怖い思いをしました。
晴空の下を走行していたのに、ほんの短いトンネルの出口では空が真っ黒・・・
いや、その瞬間は空色なんて確認など出来ず、いきなり滝の様な雨がフロントガラスの視界を遮りました。
地面はその時にはまるで濁流のように見えるほど雨水が激しく流れて、まるで川の上にいるみたいでした。
前方では白いスポーツカーが足元をすくわれたようにクルリと回ってしまい、周りのクルマが一斉に止まってしまいました。
その間、ほんの数秒でしたが、それから少しの間はどのクルマも茫然として走行できなくなっていました。
少し落ち着いてゆっくりと走り出してから数分後には雨は止み、中央高速に入った頃には強い西日が差し込み、路面は全く濡れた形跡がありません。
事務所に着いてTVニュースを見たらちょうどその時間帯のその地域の局部集中豪雨のことを取り上げていてビックリしました。

P1020516.jpg
こうしてブログを書いている間にも窓の外は北の空がみるみるドス黒くなってきた・・・・
と、思った瞬間、雷の連打と共にあっという間に激しい雨が窓を叩いています。
でも、これも数分後には何事もなかたかのように夕日が差し込んできました。

地球温暖化が影響しているのか?今年の夏の天気は予報もあてになりません。
それにしても日中から黒い雲であっという間に空が暗くなる光景は不気味でちょっとばかり怖さを感じますね。
日常生活を過ごしているとわかっていながらもついつい異常気象に対しては自分のディフェンスが甘くなりがちです。

節電ももちろん大切ですが、猛暑の中で水分を取らず、冷房もつけないでグラッと来た時にはもう遅い!
それぞれの生活の中で家の中でも職場でも外でも熱中症対策は最終的には自己管理です。

「夏らしい夏」というには今年はそれよりも厳しい気候ですが、皆さんどうぞご自愛ください。



 <夏におすすめの省エネ工事各種承っています> 

省エネ型エアコン・LED照明などの電気工事

断熱二重サッシ・屋根裏断熱工事

網戸サッシ工事(張替のみも承ります



<お問い合わせは>
is・Living 営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701
電話:042-319-6480 FAX:042-319-6481
Eメール:is.living.co@gmail.com



 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。