アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本社・ショールーム > ショールームの前景  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショールームの前景

2010 - 09/08 [Wed] - 00:00

第7回目
予告通り、今回からis・Living本社・ショールームの様子をご紹介させていただきます。

 「is・Living本社・ショールーム」 とは前回お伝えした通り、私の自宅のことです。
築年数の経った中古団地を快適な空間にリフォームする活きたモデルケースを工事する為に自分自身が購入し、プランニングし、実際に住んで色々検証しているという経緯は前回の記事の通りです。

まずはじめに、今回は施工前の元の間取り図をご覧ください。
P9070177.jpg
クリックすると大きくなります

2LDK・専有面積(バルコニーを除く)約90㎡ ラーメン構造
23畳の広いLDKが特徴の公団住宅ではちょっと珍しい物件です。

我が家は妻と2人住まいなので広さ、間取りとしてはこの2LDKで今のところ十分と言えます。
しかし、こうして平面図でみると大空間に見えますが、ラーメン構造(柱梁構造)なので部屋内の角には柱型が出ている個所があったり、柱を上手く隠しているところでも立体で見ると天井角には大きな梁(ハリ)が出ています。
P9070178.jpg
赤の部分が室内に出ている梁(ハリ)です

LDKが広いのは何よりも魅力なのですが、収納スペースが全くありません。
P9070181.jpg
ダイニングからリビングを見た様子

凸状に出っぱった部分は腰窓が不規則にあり、大きな梁も出ています
(上階はこの位置がバルコニーです)
いわば、「サンルーム」みたいな感じです。
P9070182.jpg
リビング南面の凸部分

キッチンは図面の通り、一応は「対面式」になっていますが、実際はカウンター前の開口部が狭いのであまり開放的ではありません。
P9070184.jpg
カウンター前の開口が狭いので開放的じゃありません

流し台は幅3メートルサイズ・・・ 市販システムキッチンの規格でも最も大きいサイズのI型キッチンです。
しかし、14年間の使用感とデザインのヤボったさで残念な感じです。
P9070190.jpg
キッチン側から見た感じ・・・小窓みたいです


洗面室は100㎝幅の洗面化粧キャビネットが据え付けられており、その横が洗濯機置き場ですが、ここはそう広くはないスペースにも関わらず、洗面スペースと浴室前の脱衣スペースに袖壁で区画分けされています。
P9070189.jpg
意味不明の袖壁で仕切られている洗面所

浴室はユニットバス。 サイズはいわゆる1216(0.75坪)サイズという規格で電気式の浴室換気・乾燥機がついていました。
P9070193.jpg
色気のないユニットバス サイズは1216(0.75坪)

浴室・洗面化粧台・便器などはキッチン同様にデザインがヤボな上に使いこんだ使用感が出ています。
P9070194.jpg
悪いものではないけど、時代遅れなデザイン


現在、寝室となっている北側洋室(約7.5畳)は出入り口の関係で部屋の形状が一部凹んでいますが、広いウォークインクローゼットがあるので収納は不自由しません。
P9070187.jpg
出入り口の関係で部屋の形状に凹があります

この部屋専用に大きめのバルコニーがあり、掃き出しのサッシとドアの2か所から出入りできますが、返って使い勝手は良くありません。
P9070188.jpg
やたらと開口部分が多い北側寝室

もうひとつの出窓がある北側の洋室(約5畳)は我が家の場合だと「予備室」になるのは予想がついていました。
P9070195.jpg
2か所の柱型の中心に出窓を配置しています
 
収納は約1間のクローゼットがついていましたが、全体的に収納スペースが少なめなので収納しきれない物の「物置」になってしまいそうですが、現在はis・Living本社事務室として機能しています。

最後に玄関ですが、空間は広いのですが、床がL字の回っていていわゆる土間の部分が狭くなっています。
P9070196.jpg
土間が狭く、下駄箱がミスマッチ

さぁ、こんな感じですが、これを時間・予算の厳しい制限の中で瞬時にプランニングして現場監理をしながらひらめいた事を施工中に割り込ませて工事しました。
P9070179.jpg
間取りの変更はしませんでしたが、の個所が色々と工夫を凝らして手を加えた個所になります。
ローコストで手作り感覚で造っているので雑な部分も多いのですが、色々と参考になると思います。

これからこのブログでは本社ショールームのカテゴリーで順に紹介していきたいと思います。


ではさっそく次回、まずはダイニングルームからスタートします




 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。