アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> プライベートのページ > 七草粥  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七草粥

2012 - 01/07 [Sat] - 00:00

1月7日

せり なずな ごぎょう はこべら
すずな すずしろ ほとけのざ


この春の七草を使った粥が「七草粥」ですが、日本で「七草粥」の習慣が始まったのは、平安時代の文献の中にはすでにその記録が残っているほど古くから伝わったものだそうです。

「七草粥」の意味はは邪気を払うための儀式として知られていますが、粥にして食べることで、おせち料理に疲れた胃を休め、緑黄色野菜の少ない冬場に必要な栄養価を取ることができたわけですが、実はこれは現代の栄養学的に見ても大変健康によい食事だそうです。

今は便利なことにスーパーマーケットなどでも簡単に「七草セット」を手に入れることができるので都会に住む人、小家族のご家庭でも材料が手軽に購入できるので、この7日も「七草粥」を食べたご家庭も多いことと思います。
我が家は妻と2人住まいですが、季節行事にはけっこう従順な方で、7日も一応は「七草粥」を食べて邪気を祓い、一年の無病息災をささやかに祈りました。

しかしながら、実は私はがどうにも苦手なのです。
味は良いとしてもあのドロリとした食感がどうしてもだめで自分から積極的に口にすることは絶対にありません。
リゾットという料理もありますが、私からすれば名前が変わっただけで、味付けは違えど、あの食感は変わりません。
特に洋風のチーズが入ったリゾットは今でも「これを無理して食べるくらいならいっそのこと飢え死にした方がマシだ」とも思えるほど苦手です。

そんな私も歳と共に段々と食べ物の好みが変化してきて、好き嫌いは以前のようには無くなってきました。
なので、それまでは同様に苦手だった「お茶漬け」とか、鍋の後にシメる「おじや」の類は自主的では無いにせよ、出されればちゃんと食べます。

そんな我が家の「七草粥」は妻がどこで覚えてきたのか?
私でも美味しく頂けるようにご飯を予め「焼おにぎり」にして、それを七草の入った汁の中に入れて出してくれます。
従って一般的に見る「七草粥」は白い粥に緑の草が入る色合いですが、我が家では茶色い色合いがベースになっています。

P1040508.jpg

「それって、お粥じゃないじゃないか?」と言われればそれまでですが、
おかげさまで「焼おにぎり」の香ばしさと出汁の風味で、私でもとても美味しくいただけます。

こんな自分を基準にしてはいけませんが、数少ない「お粥系」の食感が苦手な人は是非一度お試しください。

今年1年も健康で過ごせますように!

 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。