アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> is・Living日常の出来事 > 5月の記事・・・その後  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の記事・・・その後

2012 - 09/09 [Sun] - 00:00

遡るとこの夏の間、blogの更新を滞ってしまったわけですが、前回書いた記事は5月16日だったんですね
我ながらとくもまぁ、こんなに放ってしまったのだろうとさすがに反省です

その5月16日の記事をみるといつもお世話になっている中島水産さんの池袋の店舗工事を前に店内・バックヤードのクリーニングをしたことを書きました
これは老朽化したり劣化した店内、特にバックヤードのリフレッシュ工事のご用命だったのですが、ご存知の方も多いと思いますが、ショッピングモールのテナントに出店されている店舗はそのテナントの管理下で様々な検査や指導を受け、指摘箇所が挙がればその是正対策をしなければなりません

今回のお店は池袋駅地下という一等地ですが、その地下街の歴史は古く、もう50年を迎えようとしています
その間、様々なリニューアルを繰り返して来ているので内装は今でも少しも古さを感じないどころかアパレルのエリアなどはオシャレでモダンな雰囲気は近代的にさえ見せます

しかしながらその壁や天井の裏側は約50年の老朽化を隠しきれません
吸気・換気などの空調システムなども基本設計は50年前のままです

中島水産さんの店舗も鮮魚店とうことでやはり「清潔な環境」は絶対不可欠です
これはお客様が買い物をされる店頭・店内はもちろん、裏方で鮮魚を加工するバックヤードも人の目に触れなければいいというものではなく、整理整頓・行きとどいた清掃だけではなく、古い地下が居ならではのネズミやゴキブリの対策も万全でなければならないわけですが、こればかりはどんなに清潔さを保っていても誰も居なくなった壁や天井のちょっとした隙間からも空きあれば出てきてしまうのが実情です

それらの是正対策をテナントの管理部門の監査で細かく指摘を受けるのですが、これだけ古い施設だと実態はどこまでやってもキリが無いのが実情ですが、品質管理を徹底する中島水産さんは指摘を受けたらそれ以上の対策で店内を管理される会社です
日頃、私たちが当たり前のように安心して鮮魚を口にすることができるのもこのような見えない努力があってのことなのだと思うと頭が下がる思いですね

P1050637.jpg

店頭・店内の内装リニューアルなどは売上アップに直接効果がある工事なのでわかりやすいですが、バックヤードの整備・補修工事はそれをやったからといって直接売り上げアップや客数アップに結びつきません
従って無駄な費用をかけないで最大限の効果が出る様な提案が大事です

今回はご要望事項・提案事項を最終的にまとめた結果、全てを工事しなくても現状を磨き上げることでかなりのリフレッシュ効果を得られるのでは?という提案を受けていただき、まずはクリーニングをお受けしたというのが前回5月の記事でした


今回はblog更新のブランクを経て続きとして実際に工事した内容をご紹介します
工事内容は

1、厨房床の防水塗装
2、壁面のステンレス補修(一部貼り直し)
3、天井・壁の塗装
4、その他細かな雑工事類


といった内容で、工事そのものは特に複雑な内容のものではありません
しかしながら、ここは約50年前に作られた大きなターミナル駅に直結した地下モールなのです

P1050361.jpg

P1050360.jpg

築年数に関わらず、地下での工事であったり公共性の高い施設の工事というのは施工する人間だけではなく、常に多くの不特定多数の人の安全を最優先に考えなくてはなりませんが、その具体的な対策というのはおそらく皆さんが想像するよりもはるかに厳しく難しいもので、実質の工事内容とその費用に加え、下手すればそれ以上の安全対策に手間と費用がかかるのです

また当然ながら施工できる時間帯はショッピングモールの営業時間内は不可能ですから閉店後の夜中に限られ、その時間帯にも制限があったりするので、予め綿密な工事計画とテナント管理側との打ち合わせが必要です
それを基にあらためてテナント側に工事申請書類を提出し、承認をいただいて初めて着手できるのです

従って、上記青字の様なごくシンプルな工事内容でも実際にはそれを行う為の安全対策は予想以上に規模の大きなものを要求され、通常の何倍もの時間と手間と費用を要します

結果として残念ながらこの工事は決して満足点を付けられるものではなかったのですが、学ぶべきことも多く今後の取り組みに大いに参考になりました

P1070108.jpg
何やら蛇みたいなヘンなものが写っていますがわかりますか?

後日、この具体的な内容の一部をご紹介したいと思います


 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。