アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 暮らしに役立つ情報 > 大掃除を前に その②  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除を前に その②

2010 - 12/06 [Mon] - 00:00

今日現在まで日中はまるで小春日和のような温かさですが、日が傾いてくると急激に気温が下がってきます。

今年の夏は猛暑続きでどうも気候が高温化しているようですが、今、ヨーロパでは記録的な寒波に見舞われているみたいですね?
しかし、これは日本には関係無いことかと思いきや、この寒波によって冬独特の偏西風の動きも南北に大きくブレてきて異常に温かくなったり、逆に寒くなったりと極端な温度変化が起きているそうで、今までは比較的温かい日が続いていましたが、どうやら暮れにかけて西の寒波の影響で日本全体も急激に冷え込むと予想されているそうです。

部屋の内外の温度差が激しいと身体への負担も大きいので、皆さまくれぐれも温度変化に対する体調管理にはご自愛ください。
同時にインフルエンザやノロウィルスも猛威をふるう時期です。
事が起きてからではなく、予防できることは早めの対処をしておきましょう!

さて、外気が下がり、暖房で室温を温めると窓が曇り結露で濡れてきます。
特に朝起きてカーテンを開けた時に窓ガラスがビショビショに濡れているのはあまり気持ちの良いものではないですよね!

寒くなるとついつい窓の掃除もしなくなります。
同時に乾いた風に乗ってサッシ溝にはホコリが溜まり易くなってきます。

暮れの大掃除のメニューとしてこのサッシ溝の掃除を挙げる人は少なくないと思いますが、結露水で濡れた砂埃はまるで泥のようにまっ黒になってこびりついてしまっています。
これを目に余ってから拭き掃除をするのも良いのですが、日常的に砂埃を溜めなければ手の入りにくい場所へ泥のようにこびりついた汚れを苦労して取る作業から免れられます。

普段、サッシの溝に掃除機を当てている習慣がある人はこのようなこびりつくような汚れからは大分免れますが、それでも掃除機の場合、ノズルをブラシ付きの物などに交換すれば良いのですが、日常的な掃除でこの為だけにいちいちこれを交換するというのも現実的には案外面倒臭いものです。

そんなことをまとめると窓の桟は1週間に1度くらいの頻度で掃除するのがベターかもしれません。

先日、工事用の雑材を買いにホームセンターへ行った時、またまた何気無いものを発見し、お試しに購入してみました。それがこの桟用のブラシです。
P1000337.jpg
名前からしてそのまんま・・・わかりやすい

私はこのテの掃除でれば通常は使い古しの歯ブラシを使用します。
また、このテの専用品は価格が割高なイメージを持っていました。
ところがこの「サッシブラシ」・・・ ¥128 もしかして歯ブラシよりも安い?

専用品だけに歯ブラシよりも毛足が長く、先端が「山切り」になっているので溝の凹み部分にもすんなり入っていきます。
P1000338.jpg
そういえば歯ブラシにも「山切りカット」ってありましたよね?

そしてもうひとつ、この商品が優れモノだったのは入り隅に溜まったりこびりついた汚れを擦り落とす幅の狭いヘラが付属していました。
これでシコシコと擦ってやるとこびりついた汚れも簡単に剥がれます
P1000340.jpg
自分ではキレイにしていたつもりでしたが案外汚れているものです。

暮れの大掃除を待たずしても、これくらいの軽作業であれば、日中の温かい日にちょこっとやっておくと後が楽ですよ。
歯ブラシよりやや大きめのサイズですが、私が使ってみた感じではとても便利なものだと思いました。
P1000339.jpg
歯ブラシよりも毛足が長く、先が山切りで使いやすいです

もし、既に汚れがたくさんこびりついていたり、結露水を吸って泥状になってしまった時にはペットボトルなどに水を入れて洗い流すように擦ってやれば簡単にキレイになります。
ちなみにホームセンターにはこのペットボトルのキャップに代わる先の細いノズルやシャワーノズルも安価で販売しているので併せて購入しておくと色々使えて便利かもしれません。

こうしてこのブラシでサッシを掃除していたら何故か?自分も無性に歯磨きしたくなって洗面所へ向かったのでした。

 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。