アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 地域の情報 > 乞田川のカモ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乞田川のカモ

2011 - 01/27 [Thu] - 00:00

is・Living営業企画室の前には乞田川とう河川が流れています。

P1000704.jpg

以前もこの川の起点について記事にしたことがありました。
私の通勤路は毎日この川に沿って300メートル位歩きます。

たったの300メートルですが、この小さな川沿いを歩くと季節の移り変わりを身近に感じる事が出来るので、私はこの川沿いの道を歩くのがとても好きです。

私が通勤時に歩く辺りは人工的に整備された小さな堰が連なっていてとても浅く、平常時だと川に入っても水深は足首の上、せいぜい膝下くらいまでしかありません。
だから魚などはいないのかな?と思いきや、じぃ~っと眺めていると稀に小魚らしき動きが見えたりします。

P1000729.jpg

乞田川で観る生き物といえば、水の中よりも水の上にいるカモたちが目立ちます。
ほとんどの日、ほとんどの時間帯で同じ数のカモを目にするということはこの辺に巣があるのかな?なんて思いつつ、朝から晩までのんびりと水の上で過ごすカモたちをついつい眺めながら私は機嫌が良い時は「よっ!おはよう」とか気が沈みがちな時には「いいなぁ~アンタらは平和そうで・・・」などと心の中でボヤいていたりします。
本人は無意識ですが、もしかして心のボヤキが口に出ていたら・・・ アブナイですね・・・

ほとんど毎日のようにこの川沿いを歩きながらこんな風に習慣になってくるとカモたちにも愛着がわいてきて、彼らの成長を見守るようになります。
実際、昨年の夏から秋にかけて観るカモたちは日増しにどんどん大きくなってきました。

P1000728.jpg

やがて冬が来て、歩くにも身体に力が入るほど寒くなるとカモを気にかけている余裕がなくなってきました。
そして一時、ぱったりとカモの姿を見なくなりましたが、自転車で川沿いを下って走ると芦の葉が生い茂るところに5~6羽のカモがいました。

そうか・・・
私の通勤路の辺りは人工的に整備され、川も直線なのでカモの巣などあるはず無いと思ったらこの辺りならありそうです。
そんなことを薄っすらと思いながら年が明け、早いもので1月ももう後半に入りました。

いつもの通勤路でふっと観ると川にはまとまった数のカモがいます。
秋にここで観たカモはつがいらしき2羽・・・丸丸と太っていました。
でも今、目下のカモたちはハトより少し大きい位・・・

P1000702.jpg

てことは、新しく生まれたのでしょうか?
カモが卵から孵るのはいつの時期かはわからないのですが、生まれてしばらく経って大きくなり、こうして連んで泳いで自分で餌を探すまで成長していたようです。

数えてみたら7羽
それから数日間、毎朝数を確認しますが、不思議なくらい毎日毎日まったく同じ場所に7羽いるんですね。
それもいつ見ても5羽と2羽のグループに分かれているんです。

P1000703.jpg

2羽の方が身体が大きければ他の5羽の両親なのか?と思いきや?
その他の5羽と同じ位、つまり「大人」の大きさではありません。
カモたちの社会にも複雑な関係でもあるのでしょうか?

そこで、これを機に私は心の中で1羽1羽に勝手に名前をつけようと思い、5羽のグループにはそれぞれ
タクヤ・マサヒロ・ゴロー・ツヨシ・シンゴ と名付け、
群れから離れて泳ぐ2羽には タッキー・ツバサ と名付けてみました
(なんとなく2羽のグループの方が「鳥」っぽいですね?)
もちろん心の中でですからそんなことは口には出しません。

これから毎朝、この川沿いを通るたびにこの2つのカモグループたちに「心の中」で点呼しながら彼らの成長を見守って行きたいと思います。
なんて思いながら実はカモの方がis・Livingの行く末を見守っていたりして・・・・
まぁ、どっちでもいいや、毎朝コイツらに心の中であいさつしたりボヤいたりしていこう!
もし?心の中のつもりが無意識に口に出して呼んでしまったら・・・ アブナイですね・・・・気をつけよっと

そんな平和なひと時をくれる乞田川ですが、一方でこんな風景も頻繁に目にします。

P1000727.jpg

この程度ならまだしも、酷いときには自転車が投げ捨てられていたり、どこからかの合流で川の水が白く濁ったり泡だらけだったりすることがあります。
こういうことをしてしまう人の神経とアタマの構造が理解できません。
カモたちも、その他の生き物たちも快適に共存できる川であってほしいと思うのでした。

あ~・・・
こんなくだらなくつまらないことをブログに書いている時点で私、今日は何だかヒマなんですね
スイマセン、仕事します。

 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。