アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> is・Living日常の出来事 > あれから1週間を経て・・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1週間を経て・・・

2011 - 03/19 [Sat] - 00:00

大地震・大津波が発生した日から1週間が経ちました

被災地の人々はもちろん、全国的に大なり小なり非日常となったこの1週間で被災現場の様子もずいぶんと変化してきていますが、長い1週間を過ごされた人々、あっという間の一週間だった人々と様々なことでしょう。

現在はあらたな災害として原発事故のことが殊更報道されていますが、それも含めて被災地で避難所生活を強いられている人たちの状況は厳しい環境であることに変わりはありません。
状況が落ち着いてくるとその辺りの意識が薄れてしまいがちですが、落ち着いてきたからこそ現実的に何に不自由しているかの問題点が具体的に解かってきます。
そうすれば支援救済ももっともっと無駄なく効率的に手配できるようになるのでマスコミには絶やすことなく被災地の様子を報道で全国に伝えて続けて欲しいと思います。

一方、私たちが暮らす東京をはじめ各都市部でも電気・交通・流通に少なからず影響を受けていることも事実です。
被災した人々のことを考えると直接何かができるわけではない自分達も気分的には色んなことに自粛ムードですが、一方で皆それぞれが家族の為、社会の為に仕事もしなくてはなりません。
皆が協力できることとして節電の為の停電や鉄道の制限が行われていますが、当然のこととはいえ、不平不満の声が聞こえてこないのは素晴らしいことだと思いました。
これだけでも今は国民全員がひとつになっている感じがします。

しかし、流通障害については良いニュースを聞きません。
特に食品・日常品の「まとめ買い」とガソリン供給に関しては個々のモラルに委ねるしかないので、抑制を促すことも必要とはいえ、過剰に取り上げると人はより危機感を感じて自分の為に「何とかしなくては」という気持ちが働くのは当然だと思います。
確かに極一部の心無い人がモラルのない行動をとる姿などを目にすると怒りの気持ちや情けない気持ちを抱きますが、全体的に観れば今国民は皆、東北地方の被災地の人を思いやる気持ちを持っているはずなので、すぐにこの状況にも順応していくことを信じたい思いです。

そんな中、私の場合、想像以上に深刻なのがガソリンの供給です。
私の場合と書きましたが、自動車が必要または自動車に関わる仕事に携わる人全員が今この問題に深刻なダメージを受けているのではないでしょうか?

日本のガソリン備蓄量自体が危機なのではなく、あくまでこの震災による一時的な物流の障害であることがわかっているので数日~数週間で落ち着くから慌てないようにと促されていますが、仕事で自動車を必要としている人たちにとっては「今」ガソリンが入れられないことが大きな障害になっています。

私事ですが、工事の現場に行く際、私自身は電車・バス・タクシーを使えば効率が悪くてもそこに行くことはできます。
しかし、各工種の業者さん職人さんたちは材料や道具を積んだ自動車が無いと現場に行けません。
複数の工種を組み合わせる工事の場合はどこか一業者でも現場に来られなかったり遅れたりすると施工予定が大きく狂ってしまいます。
今は事前に声を掛け合って一まとまりに集合してから乗り合わせで出発したり道具や材料を積む必要の無い職人さんには慣れない電車で現場に行ってもらったりしていますが、いずれにしても人も材料も道具も揃っていながら現場に向かう自動車を動かせないというのは何ともストレスになります。

それでも私などはまだ何とかなる方ですが、まだまだ多くの自動車が必要な業種の人たちは本当に死活問題ですね。
数少ない開いているスタンドは早朝から長蛇の列ですが、そこで何時間も待ってでも給油できる人はまだいいですが、時間効率で仕事する人にとっては給油にそこまでの時間を費やせません。

今朝8:30、事務所の前の多摩ニュータウン通りもすでにずっと先にあるガソリンスタンドまで並ぶ長蛇の列で道路が詰まっていました。

P1010371.jpg

この列、一体どこまで続いているのか最後尾などわかりません。
7階の事務所から眺めても・・・・

P1010374.jpg

遥か向こうまで延々と車列が続いています。
おそらく最後尾からスタンドにたどりつくまでは2時間以上はかかりそうな感じです。

この列の中には自動車を業務に使用していない人も当然いらっしゃると思います。
何となくこんな事態だと一般の人は給油を控えなくてはならないような風潮ですが、この人たちも必要だからこそこの長い列に並んでいるのですから何も悪くはありません。
ただ、列の中には待機中にエンジンをかけたままの自動車を多く見かけてすごく勿体無いとは思いました。

被災地のことを思へば多少の不自由など不便と思ってはいけないという気持ちを抱きつつも、現実は色んなところで間接的に打撃を受けていることも事実です。
日が経つにつれ、被災地を想うことも感傷的なことから徐々に具体的なことに変わってきます。
同時に被災地以外のところでも気持ち的な自粛では済まない現実的な問題に直面してきました。

先日私はこのブログで自分の自動車趣味のことを記事に書きましたが、今は自動車趣味のためにガソリンを消費することは最も後回しにするべき行為です。
これからの季節は自動車趣味人にとってはあちこちでイベントやツーリングなどが盛んになりますが、自ずと自粛するのは被災地のことを思えば当然の事態です。
しかし、これも営利が絡む主催者にとっては大きな打撃となります。

こんなこともと思った一例ですが、電車が時限運休して静寂な駅前で一際大声の「呼びこみ」をしている人たちがいました。
パチンコ店の店員さんたちです。
こんな状況においてパチンコ遊戯なんていうと多くの人はなんだか後ろめたい気持ちにもなりますが、ちょっと考えてみればこのような娯楽産業や観光業などのサービス業界にとってはかなり深刻な事態なのではないでしょうか?

こんな時に浮かれている場合ではないことは当然言うまでもありませんが、幸いにも被災しなかった人たちは被災地のことを想いつつ、被災地以外で暮らす人たちは節電をはじめとする出来る協力をしながらも極力平常に近い暮らしをしていくことが実は経済バランスの為には大切なのかもしれません。

いずれにしても全く正常化するにはまだまだ時間はかかります。
何事も慌てず焦らず広く長い目で観てモラルある暮らしをすることが国民全員が心がける使命であり、日本人としての品格でありたいと思います。


 | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。