FC2ブログ
アイエス・リビング_SmartStyle

is・Livingが造るmono=「居心地の良い空間」 「工夫とアイデアで実現するローコスト」 「楽しくなるプランニング」 「機能的な動線」

  アイエス・リビング_SmartStyleのナビゲーター   トップページ > 会社紹介  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取扱店を開始しました

2010 - 12/18 [Sat] - 00:00

世の中ますます物騒になってきましたね。

国際社会化、インターネットの普及、経済不況、ストレス社会・・・・
色んな要因で一昔前では考えられなかったような犯罪が増えています。

特に「通り魔殺人」のような無差別犯罪や幼い子供のような弱者に対する卑劣な犯罪はいかなる理由があったとしても許されることではありません。
昭和の時代は自分の住まいの近隣とは当たり前のように顔見知りで人付き合いがありました。
私も子供の頃は自宅の玄関扉に鍵なんてかかっていなかったです。
何か困ったことが起きた時に両親がいなければまずは近所の人を尋ね、手助けしてもらいました。

しかし、いつからなのか?「格差社会」なんて言葉が使われるようになり、他人に対する妬み事が増えました。
また、インターネットが一般に浸透してからは急速に情報入手が手軽に便利になった反面、色んな個人情報が簡単に悪用されるようになってしまいました。
昔は「裏社会」だと思っていた世界も平然と日常社会に蔓延っています。

こうなるといつまでも「昔は良かった・・」などと裕著なことばかりは言えなくなってきました。
いつからか?自分の身は自分で守ることが常識というよりも過敏なくらい重要になり、自分のディフェンスをしっかりとしていなければなりません。

住まいもしかり、鍵のピッキング、盗聴、放火など、昭和の時代の感覚でいるとすぐに犯罪の餌食になってしまいます。
だから住宅建築も昔憧れた窓を大きく広く造って光が入る風通しの良い家よりも機密性の高い住まい、防犯対策が施されている形に変化してきています。
また、賃貸住宅においても2極化していて、とにかく築年数や設備などに拘らず賃料が安い物件と設備・仕様の質が高くセキュリティーが万全の物件とに需要がはっきりと分かれてきました。

そんな背景もあって、is・Living住まいのディフェンス強化のアドバイスやお手伝いが出来るようにということでホームセキュリティーを中心とした警備機器を取り扱うことになりました。

取り扱うのは皆さんには既にお馴染みの「ALSOK」(綜合警備保障)の警備システムです。
P1000390.jpg

実は私も最初は一般住宅の機械警備システムなんていうとずいぶん大袈裟で、しかもかなり費用がかかるものだからお金持ちの豪邸が付けるものなんていう先入観をもっていて、まるで他人事でいました。
しかし、時代のニーズに合わせて警備会社各社は努力してあらゆるユーザーの要望に応えるプランが充実していました。
例えばホームセキュリティーシステムも機械の初期投資が不要で月額¥3,000代からのプランもあり、一般住宅であればこれでも十分、外部侵入者に対しての抑止・警報共にディフェンスはかなりしっかりとしたものです。

まだまだ一般的には「そうゆう時代なのかなぁ??」と思われている人の方が多いかもしれません(実は当の私も未だ・・・)が、安全+安心に対する代金として捉えると保険と変わりないということがわかりました。

量販店でも防犯用品は数多く、安価なものも販売していますが、目的:効果を得る性質上、単に安価というだけでは本来の機能としての満足度は得られない場合もあります。
例えば防犯カメラを例にすると、量販店やネット通販で安価に入手したとしても、その活用方法を活かさなくては意味がありません。
ALSOKの防犯システムはハード・ソフト共に当然ながらプロフェッショナルなので、ユーザーの目的に見合うプランを提案してくれます。

ご自宅から貸しビル、マンション、会社社屋まで、セキュリティーシステムの導入、見直しを検討されている方のみならず、興味を持たれた方も是非一度、お気軽にご相談ください。
導入することだけではなく、セキュリティーシステムに対するプロの捉え方を聞くだけでも得るものがあると思います。

年末年始もしっかりディフェンスして、安心して過ごせるようにしましょう!


ホームセキュリティーをはじめとするあらゆる防犯システムのお問い合わせは

ALSOK取扱店 is・Living までお気軽にどうぞ

電話:042-319-6480 FAX:042-319-6481
Eメール:sasaki@is-living.info

多摩商工会議所へ加入しました

2010 - 12/24 [Fri] - 00:00

この1年間、is・Livingでは様々なリフォーム相談を受け、プランニングから工事、までをさせていただきました。

その中で特に力を入れたかったのが地元多摩市、特に多摩ニュータウンの築年数の経った旧公団分譲団地にお住まいのお宅をご家族構成やライフスタイルに合ったアレンジを提案していくことでしたが、それを実施できたのはこの1年間では4件のお客様のお住まいでした。

そこでは築年数や構造、また、限られたスペースの中で様々な問題をクリアしながらお客様のご要望に限りなく実現していく努力をしてまいりました。
同時に、物件毎に新しい発見があり、自分自身がとても勉強になることが多かったと思います。

しかし、この地元で更に頑張っていくためにはもっともっと多くの工事に携っていく必要があります。
既存のお客様から次のお客様をご紹介いただけるのは何よりもありがたいことなのですが、is・Livingという会社をもっともっと多くの人に知っていただくためには私どもも色んな形で営業をしていかなくてはなりません。

但し、単なる住宅設備機器の交換や内装の張替の安売りチラシをバラ巻くようなスタイルは手っ取り早いのですが、当社のやろうとする仕事とは目指す方向が少し違う気がしています。
お客様一人一人から丁寧にヒヤリングしてきめ細かいプランニングをすることで結果としてローコストを実現していくことを理想としていますが、ただ、それを不特定多数の人々に発信していくことはなかなか難しいことだと悩むこともあります。

地元だけに固執していくつもりはありませんが、それでも地元が好きで、実際に自分もここに住居を構え、自宅をリフォームして自らケーススタディとなってここをお客様に実際に見学していただけるようにしています。

さて、そんなことも含めて地元多摩市にもっともっと親密になっていく一つのアクションとしてis・Living創立1周年を機にこの度、多摩商工会議所の会員に加入いたしました。

P1000399.jpg

といってもこれは皆さまにとって特に何か便利であるというものでもなく、当社の広告宣伝になるというものでもないのですが、地元企業であるという認識を高めるつもりで加入しました。

それでもis・Living(アイエス・リビング)という社名のおかげで商工会議所のホームページにある「会員リンク」のページでは「あ行」ということで最初の方に社名がリンクされています。

さぁ、今年も本当にあとわずかになりましたね。
2年目も元気でスタートできるようにis・Livingも今年のうちにやっておくべき仕事をきちんと納めていきたいと思います。

あ、・・・
今宵はクリスマス・イヴですね!
皆さんもご家庭やお仲間と心温まる素敵なイヴをお過ごしください。

メリー・クリスマス!

建物管理(メンテナンス)業務

2011 - 01/08 [Sat] - 00:00

新しい年を迎えたと思っていたら、あっという間にもう一週間を経過していますね。
世間はお正月ムードから一気に平素に戻りました。

is・Livingの私の今年一番最初の仕事はと言うと、4日の朝、管理させていただいているマンションの巡回点検と清掃業務からでした。

このマンションの管理を承っていることはこのブログでも何度か触れていますが、今回はこの管理業務について触れてみたいと思います。

P6040062.jpg

東京都八王子市の開発新しいキレイな住宅街に建つこのマンションは今年で築7年目に入ります。
鉄筋コンクリート造地上7階建で広めのワンルーム50世帯という規模ですが、実は私が以前勤めていた会社時代に建物の建築計画からずっと携わってきたので、オーナー様とはもうずいぶんと長いお付き合いがあります。
そんな経緯から独立後も引き続き私が建物管理を承らせていただいています。

主な建物管理業務とは大きく分けて次の3項目を承っています。

① 建物設備点検 → エレベーター・消防設備 など
② 建物(共用部)清掃管理 → 廊下・エントランス・ゴミ置き場 など
③ 敷地内植栽管理 → 植木の剪定・芝の手入れ・落ち葉掃き など

建物設備の点検は法規に従った定期点検を年間規定数行い、関係各所へ届け出をします。
また、緊急時に備えて警備会社の遠隔監視システムを導入しています。
※ そうそう、当社はALSOKのセキュリティーシステム取扱店です

日常的な業務となると週2回行う共用部の巡回清掃なのですが、この巡回清掃こそが建物の様子を小まめにチェックできるパトロールを兼ねている為に意外と重要というか?一番目に見える実務的な仕事と言えるのです。
週2回の内、1回は必ず私自身が作業着を着て直接清掃しています。
そうすることによってこの業務の中身がよくわかり、建物の状況を常に把握でき、結果としてオーナー様にはリアルに報告ができます。

オーナー様は私より少し年上ですが、ほぼ同年代、今は現役のサラリーマンです。
温厚でとても仲の良いご夫婦なので、私はお二人とお会いするといつもとても穏やかな気持ちになります。
毎月1回、is・Living営業企画室にお越しいただき、前月の業務報告をしています。
さして大きな問題が起きているわけではありませんが、月に一度でもお茶を飲みながらお互いに顔を観てお話できるので、とても良くコミニュケーションがとれています。

ワンルームで50世帯というとけっこう大きな規模ですが、単身者が住む賃貸マンションは住人とのコミニュティーが難しく、なかなか一人一人に細かい注意と配慮をしていくことは難しいのですが、このマンションは良好な状態を保っていると思います。

しかし、その中で一番難しいのはゴミ置き場の管理です。
賃貸・単身者という環境で全員が限られた回収日にきちんと仕分けしてゴミを出すルールを徹底させるのはなかなか至難なことです。
また、管理当初は住人以外に外部から勝手にゴミを不法投棄されたりもしていました。
ルール違反のゴミ(特に家具などの粗大ゴミ)は回収されずに置き場に残されます。
P6150030.jpg

また、生ゴミも扉を開けっぱなしにされたりするとすぐに猫やカラスに食い散らかされてしまうので油断も隙もありません。
P6220052.jpg

また、部屋の性質上、若い人が多く住んでいますが、私の感覚を遥かに超えるペットボトル飲料の消費量で、週2回の回収頻度ではすぐに置き場が溢れてしまうだけではなく、その捨て方もきちんとルールを守る人が多い中、極一部の心無い人が中身が入ったままのものを出したり、分別を怠ってビンや缶と一緒にして捨てたりすると、それをちょっと放置するだけで連鎖的にそのようなルール違反が増加してしまいます。

自分自身が現場でそれらの仕分けや清掃を行うことで色んなことが見えてきて、その対策方法も根気よく見つけ出し、オーナー様に報告相談しながら対処していきます。
また、しょっちゅう現場に居る事で住人さんとも顔見知りが増えました。
結果的に「ご苦労様です」と声をかけていただけるようになり、それはルール違反の減少にもつながります。

そんなわけで今回の年末年始はゴミの収集日に合わせて期間中、扉へ施錠を実施しました。
もちろん住人には予め告知しているので施錠直前は一気にゴミ出しされるので年末のゴミ置き場の清掃はけっこう大変でしたが、それでも年末年始間に置き場が不法投棄でグチャグチャになることを考えればこうして出してもらえる方が良い傾向です。
清掃局と連絡をとりながら30日の年内最終の回収を確認してすっきりとキレイな状態で年越しが出来ました。
P1000471.jpg

このマンションはオーナー様の理解と協力によって防犯カメラが設置されています。
私は正直言って最初は防犯カメラの効果なんてさほど期待はしていませんでした。
しかし、この半年で不法投棄の現場を着実に捉え、問題解決していくと同時に抑止効果も確実に高まっています。
どこまでやるか? これは突き詰めるときりがありません。
悪意があればやろうと思えば何だって出来てしまいます。
でも抑止を高める=建物のディフェンスを高めることはゴミ置き場だけの問題ではなく、マンション全体のクォリティーを高めているようです。
その意味でもディフェンスに対するオーナー様の投資・負担は勇気と決断が求められますが、このマンションに関しては問題が後手に回らず、質の良いマンションというコンセプトを守っていけていると思うと同時にオーナー様のご協力には本当に感謝しています。

さぁ、年が明けて1月4日
やはり気になるのはマンションのゴミ置き場です。

P1000482.jpg
P1000484.jpg
うん、大丈夫、キレイな状態を保っていました。
鍵かけているのだから当たり前か?
置き場周辺も含めてマンションの敷地内はいつも通りのキレイな状態で安堵しました。

一応、周辺のアパート・マンションの前はというと・・・
P1000486.jpg
P1000487.jpg
まぁ、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、大所帯の単身者向マンションでもキレイを保てたことは嬉しかったです。

そんなわけで、is・Livingでは現在このマンションをオーナー様とほぼマンツーマンの体制できめ細かく管理できています。
もちろん多くの物件を抱えているのではなく、ここだけに集中できるからこそ成し得る事もありますが、やはり自分自身が直接目で診て手をつける効果は少なからず「専属」らしい配慮に繋がると思います。

多くの物件を抱える事は無理ですが、自分の目が行き届く範囲であれば、今後、建物管理を更に充実させていけたらと思っています。

<地域の大家様・ビルオーナー様・自社所有の会社様>
建物の管理だけではなく、長期・中期・短期別にメンテナンスや修繕を計画的にプランすることで「事が起きてから対処する」といった後手の管理ではなく、事前に備えて安心して運営していく賃貸経営にis・Livingをお役立てください。
※ ホームページも是非ご覧ください

<建物管理・営繕に関するお問い合わせは>

is・Living営業企画室までお気軽にどうぞ!

電話:042319-6480 FAX:042-319-6481
Eメール:sasaki@is-living.info

« | HOME | 

プロフィール

アイエス・リビング株式会社

Author:アイエス・リビング株式会社
発信:is・Living営業企画室
東京都多摩市落合1-5-1-701

is・Livingは多摩ニュータウンを中心に住宅のリフォームのプランニング~施工を承ります。
一戸建からマンションまで、内装・外装・設備・外構など住宅に関する一式をお客様のご要望をよく伺ってご予算に合わせた計画を提案することを得意としております。

is・Livingの全ての仕事は
「暮らし」がキーワード!
当ブログではリフォーム工事に関することだけではなく、暮らしに役立つ情報の広場として継続的にご愛読いただければ幸いです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。